サンプル

基本理念
広島県の支援を受けながら、県内大学と環境関連産業が連携・協力をして持続可能な 循環型社会の構築に必要な技術開発、人材育成などを行っています。

当機構は、広島県における廃棄物の削減、適正処理、リサイクルの促進に貢献する ことを通じて、持続可能な循環型社会の構築を目指してまいります。

当機構への入会をお願いします

会員の皆様には,令和6年度の継続入会手続きをお願いいたします。
また,当機構の理念・活動趣旨にご賛同頂ける方は、右の入会案内のページの入会申込書を用いて新規入会の申し込みをお願い致します。


!! 企業からの相談を受けます !!
<当機構と一般社団法人広島県資源循環協会の共同事業>

この事業は,企業が事業を円滑に進めるために解決すべき廃棄物の処理・リサイクルなど環境に関する問題・課題について,相談を受け解決に向けた助言などを行う事業です。
会員・非会員を問わず対象としますので,企業の皆様には是非ともご活用ください。【相談内容の秘密は厳守します!】

事業の進め方は,イメージ図 のようになります。
詳細は,案内パンフレット をチェックしてください。
また,相談申込は,相談申込票 をダウンロード,FAX又はメール添付でお送りください。

お知らせ 2024.7.3  UPdate! 

NEW!【お知らせ】令和6年度「エコビジネス振興のための人材育成講座」
(広島県循環型社会形成推進機能強化事業)及び「SDGs資源循環セミナー」の受講者募集について 

令和6年8月~令和7年1月にかけて実施する人材育成講座の募集がはじまりました。 詳しくは、教育・交流事業をチェックください。


NEW!【お知らせ】令和6年度「学生インターンシップ」の募集について

令和6年8月~9月にかけて実施する学生インターンシップの募集がはじまりました。 詳しくは、教育・交流事業をチェックください。


NEW!【お知らせ】令和6年度研究課題が決定しました。

詳しくは、研究開発事業をチェックください。


【お知らせ】令和6年度第1回講演会が開催されました。

日 時:令和6年5月29日(水) 
講演会の概要:
 講  師 日立造船株式会社 環境事業本部
       環境技術推進部担当部長 榊 原 恒 治 氏 
      
 演  題 「廃棄物処理のこれまでの歩みと新たな取り組み~サーキュラー
       エコノミー,カーボンニュートラルの実現に向けて~」
 講演要旨 日本の廃棄物の管理、処理技術は、その時期の時代背景によって
     遷移してきた。戦後の急速な人口増加、経済成長期は、大量に発生
     した廃棄物を短時間に無害化、減容化できる焼却処理が主流となっ
     た。
     その後社会が成熟化する過程で、廃棄物からの高効率なエネルギー
     回収や各種リサイクルが注目されるようになった。
      更に近年では、サーキュラーエコノミー、脱炭素といった課題に
     対して、地域循環共生圏構想で示されるような地域ごとでの対処が
     求められており、廃棄物管理・処理においても新たな役割が求めら
     れている。
 参加者:57名




広島循環型社会推進機構 http://jyunkan.starfree.jp/